キジバト

屋外馬場のそばの電線で、キジバトが雨の中
ホーホーポッポーと鳴いていました。

某朝ドラで「キジバトを焼き鳥屋さんに売るために
罠を仕掛けて捕ろうとする」という話が出てきますが
今では、罠で捕るにも免許がいるようです。昔はおおらかですね。

主人公は、間違えてドバトを捕ってしまったので
後で放してましたが、ドバトは昔から狩猟禁止らしいです。
「伝書鳩と区別がつかないから」というのが理由とか。
ただ、ドバトはもともと外来種なので、日本には食べる習慣が
なく、元々誰も捕ろうとしない鳥だったようです。

でも、美味しかったら捕るでしょうから…
やはり美味しくないんでしょうね。