色とりどり

先週に引き続き、メンバーの方ご持参のバラです。
赤いバラは、この方の馬と同じ名前なのだそうで。

馬もバラも、愛情こめて育てられています。